伊藤こういち「命と生活を守り抜く」

<冒頭の導入部分をチラシの内容から構成>

ライブ配信

コロナウィルス対策関連の取り組みと実績

コロナ関連の実績と取り組みについて記載する

実績

実績を記載

緊急地震速報システムの設置を推進

伊藤の質問から導入が実現した「緊急地震速報システム」は、地震の最初の揺れをキャッチして速報する。次の大きな横揺れが到達するまでの数秒から数十秒の間に、身構えることができる。都内の小中学校、全都立学校、都立病院などに導入された。

一人の母の声が政治を動かしたヘルプカード

街頭の小さな声が結実したヘルプマーク・カード。都議会のみならず国会でも取り上げられ、時の総理が「一層の普及と理解を図りたい」と考えを示した。赤地に白い十字とハートのマークは、東京都内をはじめ、全国各地で支援の輪を広げている。

「チャイルドビジョン」(幼児視野体験メガネ)、子どもの事故防止学習ソフトを普及

伊藤が都議会で紹介したのは、「チャイルドビジョン(幼児視野体験メガネ)」。着用すると大人でも幼児と同じ視野を体験できる。事故防止対策事業の一環として都知事も注目した。東京から全国の自治体・教育現場まで幅広く活用されるようになった。

政策

政策を記載します
伊藤さん独自+都議会公明党

ミレニアル世代とZ世代に希望を
『イノベーション6』

「コレカラしながわイノベーション」政策提言

ソーシャルメディアはこちらから

Facebook

Twitter

Instagram

LINE