HOMEmenuプロフィールmenu政策・ビジョンmenu実績menu議会報告menu行動記録menuご意見・ご要望

HOME 実績 実績エピソード「若ナビ」

政策・ビジョン

point実績紹介トップ

point災害対策

point子どもの目線

point若者を応援

 サイドメニューサブ若ナビ

point高齢者を支援

pointその他

チャイルドビジョン

子どもの危険学習ソフト

実績紹介

実績エピソード

 少年問題協議会の委員でもある伊藤こういちは、若者が事件を起こす度に胸を痛めていました。行政の施策を見てみると、18歳以前は児童福祉法などの法律で守られています。また、結婚して子どもができれば、"子育て支援"などの施策の対象となります。

 ところが、ちょうどこの狭間にある若者は、「行政の施策が著しく少ない"空白の世代"である」。こう、伊藤こういちは考えていました。

 この期間は若者にとっても不安や悩みの連続です。雇用環境が悪化する中、若者が直面する問題は、仕事、住居、結婚、将来の展望など、人生を左右する、大きな問題を抱えています。

 伊藤こういちは、そうした悩みや不安を抱える若者に対し、少しでも行政が力になれないのか真剣に考え、2009年3月13日、予算特別委員会「総括質疑」でこの問題を訴えました。

 これに対し都側からは、「全ての青年を対象とした仮称『若者総合相談窓口』の開設をする」との回答がなされました。

 その後、2009年7月にスタートした「若ナビ」には、日々、孤独感などの漠然とした不安から、自分の将来や仕事、人間関係などあらゆる悩みが寄せられています。

 相談件数はおおむね年平均8000件。相談者の約8割が20〜30代で、学生が約3割、就業者が約4割のほか、無職の若者も多く利用しています。

「若ナビ」の相談方法は3種類。

(1)すぐにスタッフと直接話ができる「電話相談」

(2)24時間いつでも送付できる「メール相談」

(3)近くの喫茶店などで直接会って相談できる「相談員派遣型面接相談」(愛称・ココロすっきりカフェ)

 相談料はいずれも無料(電話代・通信料や、面接相談での自身の交通費・飲食費は自己負担)。秘密厳守で、電話やメール相談は名前を言う必要もないため、相談者が相談員との距離感を測りながら、利用しやすい方法を選べる点が特長です。

 また、応対は臨床心理士や産業カウンセラーなど経験豊かな相談員が行い、悩みが解消されるまで何度でも繰り返しアドバイスを受けることができます。

 反響も良好で、面接相談では「友達に悩みを打ち明けるのは“暗い子”だと思われはしないか不安で抵抗があった。相談員に心のモヤモヤを聞いてもらえただけで涙が出るほどうれしかった」(大学生・女子)などのほか、「相談員がお兄さんのようで話しやすかった」「対面で悩みを聞いてもらって、心の整理がついた。また一歩進んでみようと思えた」などの感想が多いとか。

 思春期精神医学に詳しく「若ナビ」の監修者も務める精神科医・田村毅氏は、「20〜30代は一人前の大人と扱われがちだが、実態は違う。いろいろと悩みを抱えている。人とのコミュニケーションが苦手な若者が増加する中、面接や電話だけでなく、メールで何往復も継続して相談に応じる『若ナビ』は、相談の“敷居”が大幅に低くなっている」と指摘している。

 また、都では、18歳を超えると極端に行政サービスが手薄になっている若者支援策の実態を踏まえ、就職相談なら「東京しごとセンター」、法的トラブルの相談なら「法テラス」など、各種専門機関とも連携した実効性のあるネットワークを構築。相談員がケースに応じて適切な機関を紹介しながら、若者の悩み解決へ糸口の提供も進めている。

 田村氏は「若ナビ」のような若者相談支援に関し「全国的に普及することが望ましい」とした上で、今後の普及への課題について、「カウンセラー側の相談技術の開発や相談員の養成が必要だ。また、スマートフォンの普及で、ツイッターやフェイスブックなど、若者のコミュニケーションツールが進化しており、それに相談活動がどう対応していけるかも重要だ」と語っている。