こんにちは。伊藤こういちです。

一昨日(4/18)、豊洲市場への移転問題を審議する都議会特別委員会で、質問に立ちました。

移転延期に伴う都の負担が増大するなか、市場を所管する都の中央卸売市場だけでなく、政策企画局や総務局など各局が結束し、都庁を挙げて、一刻も早い問題解決を図るよう強く要望しました。

さらに、市場問題プロジェクトチームの小島敏郎座長が8日に発表した、築地市場を現在地で再整備する試案について、予算の根拠の不明瞭さを指摘しました。

また小島座長の委員会への参考人招致を求めました(質疑終了後に、全会一致で招致が決定)。

最後に、都民が正確な情報を得るための「市場見学会」を改めて主張し、都側からも「開催の検討を進めている」との回答を得ました。

今、求められているのは一刻も早い問題解決であり、豊洲問題の“見える化”です。

都民の目線に立った、審議に努めてまいります。