こんにちは。伊藤こういちです。

昨日の公明新聞でも報じられた通り、「ハッピー水辺フェスタ」(8日、天王洲運河水辺広場)に、小池都知事と共に出席させていただきました。

天王洲地区は、近年アート活動に注力し、運河・水辺ならではの催しや地域開発が積極的に行われています。同フェスタも、運河沿いビル壁面に映像を投影する水辺の映画祭や、アートフォトの展示、音楽ライブなどを催し、水辺の魅力を伝えるもの。

私はこれまで、都議会の経済・港湾委員会などで、「水の都・東京の実現」を訴え、船便航路の拡大や、都民の皆さまが海に触れ合える、豊かな水辺環境の整備などに取り組んでまいりました。天王洲地区は、その模範的な地域の一つです。

今回、小池都知事に、天王洲運河水辺広場を視察していただき、地元関係者の皆さまも交え、「品川の水辺空間の再生・創出」に向けての貴重な意見交換もできました。

都民、区民の皆さまに、より豊かな生活環境を提供していくことが、東京改革の重要課題です。今後も、小池都知事と連携し、生活者第一の東京改革に挑んでまいります。