こんにちは。伊藤こういちです。

昨日、公明党と都民ファーストの会が政策合意を結び、協力を行うことを発表しました。

小池都知事はこれまで、私たち公明党の提案を真摯に受け止め、来年度予算案にも、私立高校授業料の実質無償化や無電柱化など、公明党の提案が数多く盛り込まれました。

昨日の記者会見でも、都民ファーストの野田代表は、「小池都政が掲げる改革と方向性が完全に一致した。今後、公明党には都政の頭脳としての力を借りたい」と強調。

小池都知事も、「素晴らしい都政を、車の両輪として動かせるように(公明党と都民ファーストが)それぞれ頑張っていただきたい」と語られました。

政治は結果です。
今後、いかにして、生活者第一、都民第一の都政を実現させていくかが勝負です。

小池都知事としっかり連携し、今後も東京大改革を進めてまいります。